女性ホルモン 薄毛

女性ホルモン(エストロゲン)と抜け毛の関係

ホルモンバランスが崩れると抜け毛が増える……事実です

女性の抜け毛・薄毛の多くがホルモンのバランスを壊した時に起こります。
例えば更年期に入り女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減った時や妊娠中は髪の成長が盛んになるのに反して、産後エストロゲンが正常値に戻ることでホルモンバランスを崩し逆に抜け毛が酷くなり薄毛に悩む女性も多いでしょう。

 

エストロゲンと薄毛の関係は実証さていないとも言われていますが、このような症例を考えると全くの無関係とは言えないのではないでしょか?

 

またエストロゲンが減少した人にエストロゲンを補給すると髪の艶やコシが改善することも判っています。

 

女性の体を作るのに必要な女性ホルモン(エストロゲン)とは?

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)は女性のらしい体を作るのに必要なホルモンです。肌の艶や髪の成長、女性らしい丸みのある体つきを作っているのもエストロゲンの働きといえますね。

 

また卵巣や子宮などの副生殖器を発達を促すこともでも知られています。エストロゲンが多く分泌されることにより男性に対して一途になってしまったり、好きになった男性の悪いところが見えなくなるというのもエストロゲンが関係しているんですよ。

 

 

 

女性ホルモン(エストロゲン)を増やして薄毛の改善と注意したいこと!

このように髪の毛を育てるにはエストロゲンが必要ということはわかったでしょう。
しかし、産後などの一時的なホルモンバランスを崩すのと違い年齢でエストロゲンの量が減ってしまった女性はどうすればよいのでしょうか?

 

注目したい成分はイソフラボンです。大豆に含まれるイソフラボンは体内ではエストロゲンと同じ働きをすることが判っていますので、エストロゲンの分泌が足りない女性はイソフラボンを摂取することで育毛を助けることになるんです。

 

ただし注意したい点もあります。イソフラボンの1日の摂取量は約30gmで最大摂取量も1日70gmまでとしなければ子宮内膜増殖症になるリスクが増える可能性もあるので摂取量には気をつけていきたいものです。普通に食事として摂取する分には問題はありません。注意したいのはサプリメントを使っての大量摂取です。

 

無添加育毛剤比較ランキング/TOP