頭髪 抜け毛

抜け毛のメカニズム

抜け毛の原因とメカニズムを知る

薄毛や抜け毛は、中高年の男性特有の悩みではなく、今では若い人や女性にも深刻な問題として取り上げられています。でも、抜け毛の原因やメカニズムについて詳しく知っているかというと、よく分からないというのが現状ではないでしょうか。抜け毛については、近年のライフスタイルの変化にも原因があります。不規則で栄養の偏った食生活を送っていたり、ストレスをためこんだり、喫煙をする習慣も頭髪や育毛に好ましくないライフスタイルですね。安いけれど頭皮に刺激の強いシャンプーを使っている事も、原因として挙げられます。その他にも、男性ホルモンが抜け毛に影響しているという研究結果も出ています。男性ホルモンがどのように影響を及ぼしているのか、詳しく見てみましょう。

男性ホルモンが引き起こす抜け毛やAGA

頭皮には、髪の根元である毛根と呼ばれる部分があって、そこには毛母細胞という細胞があります。この細胞は、分裂する事で髪を作っていくという働きがあって、50回ほどその分裂を繰り返します。短ければ2年くらい、長ければ6年のサイクルで分裂するのですが、男性ホルモンはこの分裂を阻害してしまう働きがあるのです。もし分裂が阻害されてしまい、育毛が思うようにいかなくなると、分裂サイクルが1年、短ければ6ヶ月のサイクルになってしまい、毛母細胞の寿命が早く訪れてしまって、抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。筋肉をつけたりするために大切な男性ホルモンですが、時にはこうした悪影響も及ぼしてしまうのです。それが進行すると、AGAと呼ばれるような症状が顕著に現れます。

抜け毛のメカニズム関連ページ

抜け毛の本数
日本人の平均的な頭髪の本数は、およそ7万本から10万本と言われています。
抜け毛に効果的な改善策
大切な事は普段の生活を見直して、体に良い生活習慣を整えましょう!
抜け毛対策を自分でしてみる
一番手軽で簡単に出来る事は、頭皮をしっかりマッサージしてあげること!
専門家に抜け毛の相談をしてみよう
相談できる窓口を設置している病院の探し方をご紹介!
冷え性と薄毛・抜け毛の関係
冷え性と薄毛・抜け毛の関係について