5αリダクターゼ ハゲ

5αリダクターゼを制して薄毛を改善

まずは5αリダクターゼについて知ることが肝心!

5αリダクターゼは人間が持っている酵素の1つになります。この5αリダクターゼの量は遺伝によって決まることが分かっているのですが、テストステロンと結合することで薄毛の元とになるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す要因になっています。
ですから、いかにして5αリダクターゼを制御できるかが育毛の秘訣といっても良いくらい重要なんですね。

 

2つの5αリダクターゼの役割と薄毛へのダメージとは

薄毛対策で必要なのは5αリダクターゼの量をいかに抑えるかですが、5αリダクターゼには2種類存在しています。

 

1型5αリダクターゼは皮脂腺などに多く存在している酵素で体毛全体や髪の毛の大部分に多く存在しています。
特に脂性の頭皮の方に多く成長途中の髪の発毛を止めてしまうこうかをもっています。

 

2型5αリダクターゼの多くは前頭部に多く存在する酵素でM字ハゲなんかの原因にもなるものです。
特にこの酵素を多く持っている男性は髭や体毛が濃い方ですね。

 

毛乳頭に多く存在しているので抜け毛の原因は1型よりも2型のほうが強く影響するでしょう。
それに、5αリダクターゼの6割~7割がこの2型になるのでより注意が必要でしょう。
このように2型を抑制するだけでも育毛には効果的であると言えるのですが、より効果を望むのであれば1型もしっかりと抑えましょう。
1型・2型を抑える成分を紹介します。

 

5αリダクターゼの効果的な抑制方法と成分をチェック!

5αリダクターゼを制御するには亜鉛・ソーパルメットや緑茶が有効とされています。
ソーパルメットはノコギリヤシに含まれている成分で緑茶はカテキンが1型を抑える効果があるのです。

 

2型を抑えるために必要なのは同じようにソーパルメットとフィナステリドです。
フィナステリドは2型にはとても有効なのですが、1型には効果を表しません。

 

5αリダクターゼを抑えるにはそれぞれの抑制する栄養分を摂取する必要があります。
亜鉛成分を多く含む食品やカテキン成分の緑茶を意識してとるようにすることで5αリダクターゼを抑えるようにすると良いですね。

 

無添加育毛剤比較ランキング/TOP

5αリダクターゼとハゲの関係性関連ページ

AGA治療は5αリダクターゼ抑制から
AGA治療は5αリダクターゼについて
アロエで5αリダクターゼ予防
アロエで5αリダクターゼを予防しよう
かぼちゃで5αリダクターゼ予防
かぼちゃで5αリダクターゼを予防しよう
ノコギリヤシで5αリダクターゼ予防
5αリダクターゼでノコギリヤシで抑制しよう
緑茶で5αリダクターゼ予防
緑茶で5αリダクターゼを予防しよう
5αリダクターゼをアロエで抑制
薄毛・抜け毛の悩みにアロマが効くんです!